文化・芸術

熊谷恒子記念館

投稿日:2010年8月15日 更新日:

スポンサーリンク

【西馬込/文化】熊谷恒子は、現代女流かな書の第一人者で、美智子皇后陛下にご進講されたことでも知られます。西馬込駅から徒歩10分ほど、熊谷恒子の旧宅を大田区立熊谷恒子記念館として、一般に公開されています。春夏秋冬それぞれの季節の作品展が行われます。
旧宅とそのお庭も素敵ですし、もちろんかな書は、半紙の上で文字が流れ滑る様で、優しく気品溢れ素敵です。作品約100点のほか、書道関係の書籍収載、恒子が使っていたお道具も展示しています。

大田区立熊谷恒子記念館

住所:大田区南馬込4-5-15 ℡:03-3773-0123   休館日:月曜日ほか
open:9時~4時30分(入館は午後4時まで)
入館料100円、小人50円、65歳以上と5歳以下は無料

 

-文化・芸術
-, , ,

執筆者:

関連記事

南馬込に住んでいた! 川端康成 ~日本人初のノーベル賞作家

【西馬込/文化】 川端 康成かわばた やすなり。1899年〈明治32年〉6月14日 – 1972年〈昭和47年〉4月16日享年72歳。 大阪市北区(現在の天神橋付近)生。東京帝国大学文学部 …

西馬込の博物館! 大田区立郷土博物館

【西馬込/文化】西馬込駅から徒歩5分ほど、郷土博物館は大田区を中心にした、考古、歴史、民俗資料などの文化遺産を保管、展示しています。文士村めぐりの前に行っておくと資料などもあって詳細な情報収集ができま …

本門寺の素敵な庭園!松濤園

【池上/文化】池上と西馬込のちょうど中間に、松濤園(しょうとうえん)という立派な日本庭園があります。 1868(慶応4)年4月明治新政府への江戸城明け渡しによって、260年あまりも続いた江戸幕府が滅亡 …

赤毛のアン記念館・村岡花子文庫

「赤毛のアン」を初めて日本に紹介した翻訳家で、なんと!ここ馬込文士村の一員でもある村岡花子さんの記念館「赤毛のアン記念館」が馬込文士村にあります。 行ってみた! 早速予約をして、行かせていただきました …

三島由紀夫 ~ ヴィクトリア朝コロニアル様式の邸宅

【西馬込/文化】 三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 – 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。戦 …

Category


姉妹サイト:軽井沢庵
>