文化・芸術 西馬込

馬込文士村の芸術家と作品集

投稿日:2010年8月9日 更新日:

スポンサーリンク

【西馬込/文化】馬込文士村には作家ばかりでなく芸術家たちも集まってきました。馬込文士村に縁のある芸術家の作品の一部、代表の5名、川端龍子、伊東深水、川瀬巴水、熊谷恒子、小林古径の作品を集めてみました。超一流の芸術が作品を通して感じていただけるのではないかと思います。

川端龍子

川端 龍子(かわばた りゅうし、1885年(明治18年)6月6日 – 1966年(昭和41年)4月10日)は、戦前の日本画家俳人。弟(異母弟)は「ホトトギス」の俳人川端茅舍(ぼうしゃ)であり、龍子も「ホトトギス」同人であった。(Wiki)

伊東深水

伊東 深水(いとう しんすい、1898年2月4日 – 1972年5月8日)は大正・昭和期の日本画家。本名、一(はじめ)。
日本画独特のやわらかな表現による美人画が有名。人気の「美人画」以外の画題を描きたくとも、それ以外の注文が来ず、画家として困惑する時期もあったという。本妻の好子をモデルに大作を数多く発表し、評価を高めた。戦後は美人画とも並行し、個人的に独自の題材で日本画を制作することが多かった。人気のあまり、戦後には多くの作品が複製版画として頒布されるようになった。(Wiki)

川瀬巴水

川瀬 巴水(かわせ はすい、1883年(明治16年)5月18日 – 1957年(昭和32年)11月7日)は、日本の大正・昭和期の版画家。本名は川瀬 文治郎(かわせ ぶんじろう)。

衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく吉田博(1876-1950)らとともに新しい浮世絵版画である新版画を確立した人物として知られる。近代風景版画の第一人者であり、日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。アメリカの鑑定家ロバート・ミューラーの紹介によって欧米で広く知られ、国内よりもむしろ海外での評価が高く、浮世絵師葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程の人気がある。(Wiki)

馬込の月

馬込の月

本門寺 五重塔

本門寺 五重塔

池上本門寺 五重塔

池上本門寺 五重塔

洗足池

洗足池

熊谷恒子

1893年(明治26年)、京都で生まれる。 1931年(昭和6年)、岡山高蔭に師事。 1933年(昭和8年)、東日・大毎賞受賞。 1936年(昭和11年)から大田区馬込(現記念館)に居住。 1963年(昭和38年)、日展審査員。 1965年(昭和40年)、皇太子妃美智子殿下にご進講。 1957年(昭和42年)、大東文化大教授。 1976年(昭和51年)、東京日本橋の高島屋にて熊谷恒子展を開催。 1980年(昭和55年)、勲四等宝冠章を受章。 1982年(昭和57年)、卒寿記念熊谷恒子展開催。 1986年(昭和61年)、死去。(熊谷恒子記念館より)

小林古径

小林 古径(こばやし こけい、1883年2月11日 – 1957年4月3日)は、大正~昭和期の日本画家。
1883年、新潟県高田(現上越市)に生まれる。39歳の1922年より前田青邨と共に渡欧留学。翌1923年、大英博物館で中国・東晋の名画「女史箴図巻」(じょししんずかん)を模写している。「蚕の吐く糸のような」と評される線描が特色のこの中国古典を研究することによって、古径は東洋絵画の命である線描の技術を高めた。代表作「髪」は、このような古径の線描の特色をいかんなく発揮した名作である。簡潔に力強く描かれた線と単純な色彩で、髪の毛一本一本や美しく縁取られた顔の輪郭、半裸の女性の体温や皮膚の柔らかい感触まで、繊細に描き出している。「髪」は、裸体画として、日本で初めて切手のデザインとなった。1944年、東京美術学校教授に就任。1950年、文化勲章受章。

-文化・芸術, 西馬込
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

本門寺のフレンチカフェ! ハナムラ(花むら) Hanamura

【西馬込グルメ/カフェ,レストラン】西馬込駅から徒歩10分。テラスがあるのが嬉しい、本門寺の山から少し下がった途中にあるカフェ&レストラン・はなむら。裏には松涛園という日本庭園があり、お隣は懐石料理の …

松濤園 櫻 レストラン

池上本門寺の松濤園の中のレストランがリニューアルオープンしました! その名は「櫻」。 松濤園のお庭をたっぷり堪能できるレストランに大変身。 http://www.dynac-japan.com/syo …

池上本門寺の休憩所甘味処・カフェ! お休処

【西馬込グルメ/休憩処,甘味処,カフェ】西馬込駅から徒歩10分、池上駅から徒歩15分ほど、本門寺の敷地内にあるちょっとした休憩処。軽く食事もできます。そば、うどん(600円~)、おでんなど。冷やし本門 …

馬込八幡神社 ~ 馬込村の総鎮守

馬込八幡神社 【西馬込/パワースポット】西馬込駅から2国を五反田方面に500m、東に150mのところにある馬込八幡神社は、創建、鎌倉頃といわれる古い神社です。 鎌倉時代は、建久4年(1193)源の頼朝 …

赤毛のアン記念館・村岡花子文庫

「赤毛のアン」を初めて日本に紹介した翻訳家で、なんと!ここ馬込文士村の一員でもある村岡花子さんの記念館「赤毛のアン記念館」が馬込文士村にあります。 行ってみた! 早速予約をして、行かせていただきました …

Category


姉妹サイト:軽井沢庵
>