文化・芸術

三島由紀夫 ~ ヴィクトリア朝コロニアル様式の邸宅

投稿日:2010年7月28日 更新日:

スポンサーリンク

【西馬込/文化】

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 – 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。戦後日本文学を代表する作家の一人である。晩年には民兵組織「楯の会」を作り右翼的な政治活動に傾倒、日本の新右翼・民族派に多大な影響を及ぼした。 代表作は小説に『仮面の告白』、『禁色』、『潮騒』、『金閣寺』、『鏡子の家』、『午後の曳航』、『豊饒の海』四部作など。戯曲に『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』『近代能楽集』などがある。批評家が様々に指摘するように、人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。

1970年11月25日、楯の会会長として自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本庁)にて、クーデターを促し失敗、割腹自殺を遂げ世間を騒然とさせた。(Wiki)

西馬込と三島由紀夫

三島由紀夫は大田区南馬込4-32-8に昭和34年から自殺するまで(昭和45年)の間住んでいました。臼田坂バス停からほど近い高台には、ヴィクトリア調コロニアル様式の三島の家が今でも美しい白亜の姿をとどめています。建物はすべて三島の好みに合わせ、依頼された設計者が、「西部劇に出てくる金持ちの悪者が住んでいるような・・」と三島に言ったようです。またよくここでクリスマスパーティを開催し著名人を招待していたそうです。

-文化・芸術
-,

執筆者:

関連記事

いろは・な・大田区 1(いろはかるた)

【大田区/文化】大田区にちなんだ「いろはかるた」があったなんてご存じでしたでしょうか? 「いろは・な・大田区」という冊子を大田観光協会が出しているので是非見てみてください。結構大田区の魅力がまとまって …

川端龍子~俳人であり画家でもあり

【西馬込/文化】 川端龍子 かわばたりゅうし。1885年(明治18年)6月6日 – 1966年(昭和41年)4月10日享年80歳。戦前の日本画家、俳人。1959年(昭和34年)文化勲章受章 …

西馬込の博物館! 大田区立郷土博物館

【西馬込/文化】西馬込駅から徒歩5分ほど、郷土博物館は大田区を中心にした、考古、歴史、民俗資料などの文化遺産を保管、展示しています。文士村めぐりの前に行っておくと資料などもあって詳細な情報収集ができま …

南馬込に住んでいた! 萩原朔太郎 ~ 月に吠えた詩人

【西馬込/文化】 萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 – 1942年(昭和17年)5月11日)は、大正・昭和期の詩人、作家。群馬県東群馬郡北曲輪町(現: …

赤毛のアン記念館・村岡花子文庫

「赤毛のアン」を初めて日本に紹介した翻訳家で、なんと!ここ馬込文士村の一員でもある村岡花子さんの記念館「赤毛のアン記念館」が馬込文士村にあります。 行ってみた! 早速予約をして、行かせていただきました …

Category


姉妹サイト:軽井沢庵
>