文化・芸術

三島由紀夫 ~ ヴィクトリア朝コロニアル様式の邸宅

投稿日:2010年7月28日 更新日:

スポンサーリンク

【西馬込/文化】

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 – 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。戦後日本文学を代表する作家の一人である。晩年には民兵組織「楯の会」を作り右翼的な政治活動に傾倒、日本の新右翼・民族派に多大な影響を及ぼした。 代表作は小説に『仮面の告白』、『禁色』、『潮騒』、『金閣寺』、『鏡子の家』、『午後の曳航』、『豊饒の海』四部作など。戯曲に『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』『近代能楽集』などがある。批評家が様々に指摘するように、人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。

1970年11月25日、楯の会会長として自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本庁)にて、クーデターを促し失敗、割腹自殺を遂げ世間を騒然とさせた。(Wiki)

西馬込と三島由紀夫

三島由紀夫は大田区南馬込4-32-8に昭和34年から自殺するまで(昭和45年)の間住んでいました。臼田坂バス停からほど近い高台には、ヴィクトリア調コロニアル様式の三島の家が今でも美しい白亜の姿をとどめています。建物はすべて三島の好みに合わせ、依頼された設計者が、「西部劇に出てくる金持ちの悪者が住んでいるような・・」と三島に言ったようです。またよくここでクリスマスパーティを開催し著名人を招待していたそうです。

-文化・芸術
-,

執筆者:

関連記事

本門寺の素敵な庭園!松濤園

【池上/文化】池上と西馬込のちょうど中間に、松濤園(しょうとうえん)という立派な日本庭園があります。 1868(慶応4)年4月明治新政府への江戸城明け渡しによって、260年あまりも続いた江戸幕府が滅亡 …

熊谷恒子記念館

【西馬込/文化】熊谷恒子は、現代女流かな書の第一人者で、美智子皇后陛下にご進講されたことでも知られます。西馬込駅から徒歩10分ほど、熊谷恒子の旧宅を大田区立熊谷恒子記念館として、一般に公開されています …

いろは・な・大田区 1(いろはかるた)

【大田区/文化】大田区にちなんだ「いろはかるた」があったなんてご存じでしたでしょうか? 「いろは・な・大田区」という冊子を大田観光協会が出しているので是非見てみてください。結構大田区の魅力がまとまって …

南馬込に住んでいた! 萩原朔太郎 ~ 月に吠えた詩人

【西馬込/文化】 萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 – 1942年(昭和17年)5月11日)は、大正・昭和期の詩人、作家。群馬県東群馬郡北曲輪町(現: …

尾崎士郎~人に愛されすぎる男

【西馬込/文化】尾崎 士郎(おざき しろう)1898年2月5日 – 1964年2月19日。小説家。 愛知県幡豆郡横須賀村(現吉良町)生まれ。早稲田大学政治科を中退し、大逆事件真相解明の目的 …

Category


姉妹サイト:軽井沢庵
>