文化・芸術

室生犀星 ~ 放浪詩人

投稿日:2010年9月2日 更新日:

スポンサーリンク

室生 犀星(むろお さいせい、本名: 室生 照道(てるみち)、1889年(明治22年)8月1日 – 1962年(昭和37年)3月26日)は、石川県金沢市生まれの詩人・小説家。俳号魚眠洞。俳句や詩を学びながら放浪生活の後、詩誌「感情」を創刊。その後小説にも目覚め、詩人・小説家として活躍します。

代表作品

主な作品には「愛の詩集」「抒情小曲集」「「幼年時代」「あにいもうと」「杏っこ」などがあります。
有名な抒情小曲集の詩句 「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」

西馬込と室生犀星

昭和3年11月10日(39歳)、萩原朔太郎(42歳)の妻の稲子が探した借家(現・山王4-13)に引っ越し、4年後の昭和7年(43歳)、万福寺の隣(現・南馬込1-49-5。現在、室生マンション)に家を建て転居しました。戦中は軽井沢に疎開しましたが、戦後戻り、終の棲家となります。これら2カ所の家には、萩原朔太郎、佐藤惣之助、竹村俊郎、平木二六、芥川龍之介、伊藤信吉、津村信夫、立原道造らが出入りしたそうです。

馬込文士村住まいが長かったこともあって、馬込にある4つの小学校のうち3校(馬込小学校・馬込第三小学校など)が、校歌の歌詞を犀星に依頼しているそうです。

-文化・芸術
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

南馬込に住んでいた! 萩原朔太郎 ~ 月に吠えた詩人

【西馬込/文化】 萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 – 1942年(昭和17年)5月11日)は、大正・昭和期の詩人、作家。群馬県東群馬郡北曲輪町(現: …

いろは・な・大田区 1(いろはかるた)

【大田区/文化】大田区にちなんだ「いろはかるた」があったなんてご存じでしたでしょうか? 「いろは・な・大田区」という冊子を大田観光協会が出しているので是非見てみてください。結構大田区の魅力がまとまって …

赤毛のアン記念館・村岡花子文庫

「赤毛のアン」を初めて日本に紹介した翻訳家で、なんと!ここ馬込文士村の一員でもある村岡花子さんの記念館「赤毛のアン記念館」が馬込文士村にあります。 行ってみた! 早速予約をして、行かせていただきました …

洗足池公園

洗足池 【洗足池/公園】散歩道に、洗足池があります。西馬込から約2キロ。 約30万平方メートル余りの湧水池です。ここ一帯が公園となっていて、人々の憩いの場ととなっています。池にはボート乗り場があります …

三島由紀夫 ~ ヴィクトリア朝コロニアル様式の邸宅

【西馬込/文化】 三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 – 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。戦 …

Category


姉妹サイト:軽井沢庵
>